読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガングリオンって名前が怖いよ

膝関節のガングリオンの日記。

手術前日に入院です

手術前日に入院と言われた少し驚きました。

今思えば自分は不要だったんじゃないかなと思ったりもします。

入院当日にエコー検査があると当日言われたのですが、30分後には「やらなくていいそうです」と言われたので、手術としては軽い患者の私には普通に必要な前日入院はいらんかったのでは・・と。

 

あ、いやもしかして、夜9時以降食事禁止を守れない人手術時間に遅刻する人、に対する予防策なのかもしれません・・・

うん、これが正解かも(笑)

 

昼前には6人部屋のうちのひとつのベッドに案内されて、持ってきたモノを配置しました。手術後は動けないのでベッドの周りに手を伸ばして取れるように考えました。

その後、割とおいしい病院食の昼食を摂って、会社関係者や知人や家族にメールや電話で報告。

仕事もこの日はメールや電話対応はしていました。

 

この時はひざが痛むだけの健常者である自分は、同室の動きを制限されている他の患者さんの中では、ちょっとの優越感とちょっとの罪悪感があって微妙な居心地でした。

 

そしてやっと担当医師に会えました

 

前回の診察以来2回目。

入院部屋のそばの会議室のような部屋で、助手らしき若いお医者さんと一緒に手術の説明です。

MRI写真を見ながらどのように手術するか説明してくれました。

 

私からは「退院後は松葉杖を使う程度でしょうか」と気になっていた質問をしてみました。

回答「無くても平気だと思うけど痛むなら使えばいいと思う」

 

病室に戻ると、チョコチョコと三人の来訪がありました。

  1. 先ほどの助手らしき若手の先生
    これまでの経緯の聞き取りにいらして説明しました。
  2. 看護師さんから薬の説明、念のため松葉杖の使い方練習
  3. 麻酔科の先生から、これまでの経緯と聞き取り
    「これまでの経緯」を訊かれたとき「またですか」と口にしてしまいました。
    しかしここで「お酒はのまれますか」「乗り物酔いはしますか」はたぶん私にとって重要なことだったのではと思います。
    何故なら、後に母から上記の麻酔科の先生の聞き取りは「自分の時にはなかったように思う」と言われ、母は手術後嘔吐して、私はしませんでした。
    一年で麻酔あけの嘔吐感対策がされたのかもしれませんね。

 

手術後は当分入れなくなるお風呂ですが、当日シャワーは使えました。

シャワー室に暖房が無かったので春先としては広い室内が寒かったですね・・・・。

もったいないけれどシャワーを出しっぱなしにして体にあてっぱなしにして洗いました。

 

そしてこれは短期入院の方にはお伝えしたいのですが、

なるべく手術前にウンチしておいた方が良いです

便秘がちで1日や2日出ない方は問題ありませんが、一日一回でる方ならしておいた方が良いです。

なぜなら手術の後、丸一日ベッドがから起き上がれなくなりベッド上ですることになるからです。

気にならない方なら構いませんが、大体の方は大部屋でにおいが広がるのはなるべく避けたいのでは無いかと思います。

私は一日一回タイプですが、手術後の絶食も手伝って、なんとか丸一日経過後まで我慢できました。

 

さて、明日は手術当日です。

夜更かしせずに早く寝ましょう・・・なんて事はちっとも思いませんでした。

手術で眠って、目覚めてもベッドから起き上がれないのですからいっそ睡眠不足のほうが眠れて良いのでは?くらい思っていました。

 

ですので、夜中でもウンチを出す努力をしていました。

ウンチウンチ言いすぎですね(笑)